TOPに戻る
電子渡航認証システム(ESTA)
2009年1月12日以降にビザ免除プログラムを利用して無査証でアメリカへ入国及び通過される全てのお客様は電子渡航認証システム(ESTA)による渡航認証を取得する必要があります。
渡航認証の有無は,米国へ出発する際の航空(船)会社のチェックイン時に確認され,取得していない場合、搭乗(乗船)することはできません。米国入国に際し,査証が必要となる方(就労や留学など,短期観光・商用以外の目的で渡米する方,及び査証免除の対象となっていない国籍の方)は渡航認証の取得は不要です。グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムを利用してグアム,サイパン等に渡航する方は,ESTAの取得は不要です。


渡航認証はどこで取得するのか
米国CBP(税関国境警備局)のウェブサイト(日本語選択可)からオンラインでESTAを申請し取得します。入力データはCBPのデータベースに照会され,承認,保留,拒否の3種類から1つの回答を受けとります。
承認された場合,渡航認証・取得となり無査証で渡米が可能です。ただし,米国への入国が認められることを証明するものではありません。入国の最終決定は入国地で移民審査官が行います。保留の回答を受けた場合は,再度ESTAにアクセスし最終回答を得る必要があります。回答は申請から72時間以内に行われます。拒否の回答を受けた場合は,大使館ウェブサイトがら査証申請が必要です。
いずれの回答にも,申請番号が付与されるので,回答画面を印刷するなどして番号を控える必要があります。


渡航認証はいつまでに取得するのか
米国へ出発する72時間前までには渡航認証を取得することが推奨されています。
ただし,ESTAは搭乗直前および緊急の渡航者にも対応可能です。

取得した渡航認証の有効期間
取得から2年間有効で,取得した時点で旅券の有効期限が2年未満の場合は旅券の有効期限までとなります。渡航認証の有効期間中に旅券に記載されている情報に変更があった場合は,新たに渡航認証を取得する必要があります。旅券以外の情報の変更についてはESTAのアップデート(更新)となりますが、これら情報の入力は必須となっていません。

ESTAの有料化(14ドル)
2010年9月8日より,全てのビザ免除プログラム参加国(VWP)の渡航者は,運営費および旅行促進法により定められた14ドルのESTA料金を支払わなければなりません。すでにESTA認証を受けた渡航者は必須項目以外の情報更新の際にはESTA費用を支払う必要はありません。だだし,新しいパスポートを取得したりESTA再申請の場合には,ESTA費用の支払いが必要になります。ESTA費用は渡航認証申請時にESTAのシステムを通して支払います。支払いはオンライン内で行い,次のクレジットカード,またはデビットカードのみ使用可能です:マスターカード,ビザ,アメリカンエキスプレス,ディスカバー。入力必須項目は,カード名義人の姓名,請求住所,国名,クレジットカードの種類,クレジットカード番号,有効期限,セキュリティコードが必要となります。



エスタ代行手続き
■弊社ではお客様の代わりに代行手数料3,000円(実費14ドルを含む)でエスタ代行手続きを承ります。
出発日の3日以上前(土日祝祭日を除く)まで受付可能です。
■代理申請をご希望される場合には,代行手数料3,000円および申込書のファックスが必要です。申請代理申込書はこちら

「保留」を受けた場合
・弊社で「保留」理由をお調べする事は出来ません。
・結果までのお時間を要する場合がございます。

「拒否」を受けた場合
・弊社で「拒否」理由をお調べする事は出来ません。
・拒否判定を受けた場合には,代行手数料は3,000円をご請求させて頂きます。

なお,「保留」または「拒否」を受けた場合には,ご旅行にご参加出来ない恐れがございます。
航空券をご購入する前に必ず取得して下さい。